気がつけば年金生活

気ままな家族を背負い日々金策奮闘中。
気が付けば年金生活突入。
未来はどうなるのか...
家族ストレスの中、頑張ってます。

ご近所 貰い物編 2

青空が出て気持ちの良い日でしたが
ワンコと散歩してると
秋風だなぁー、そう感じる寒さもあった日でした。



更新が少し間があきました。前回の続きです。


私は「気」を大事にするタイプなので読んでいて違和感あったら
 ごめんなさい、です。スルーしてくださいね。
 元気、病気、活気、病は気から
 など、気はよく使われていますね(^-^)


その間、やはり体調不良で前記事で書いた近所のSさん宅に
9/28およばれして帰宅後から昨日あたりまでイマイチな体調でした。
その間、私なりに気の流れを変えようと自分の部屋の模様替えや
リビング、玄関など掃除したり断捨離したりでした。
体調が悪いのにそんなことするから尚更、疲れが出たりでした。
でも、不要なものも処分できてスッキリしました。
しかし、自分の勘みたいなものがあって気の流れを変えなきゃ!
そう思い頑張ってやってました。


今回の反省は、あまりエネルギーの強い方には気を付けなきゃ
そうつくづく感じたのでした。
その方の家には家族に2人霊感の強い方がいます。
また当人Sさんは良かれと思っても裏目にでるタイプ。




+++++++++++++
実は......


私が子供のころ、ご近所のおすそ分けとかよくありました。
しかし、最近ではそういう光景もあまりなくなりました。
お返しをしないといけないから、気を使いたくない...
そういう気持ちも出てくると思います。
しかし、ケースバイケースで家族ぐるみや親戚のような付き合い
また、長年のご近所でお互いがよくわかってる関係とか
そうなれば、毎回お返しの心配もしなくていいかなとは思いますが...


実は、私がお邪魔した家のSさんのこと。
現在の町内が新しく造成してできた町内で、自分の子供の年齢が
結婚して家庭もってるような家が多いわけです。
30代半ばから40代が多く、50代60代は少ないです。
しかもどの家もまる6年という新しい環境で、昔と違って
6年くらいでは親交はまだとれません....顔がわかる程度。
そこへ50代半ばのSさんが貰い物が多いからとご近所へ
某TVの突撃隣の晩ごはんなみに、貰い物をもっていくわけです。


最初はみなさん、仕方なく?貰ってくれるのですが
しまいに、毎週など続くと嫌な顔されるわけです。
Sさんいわく、後ろの家の方からはお返しができないので
持ってこないでください、と言われたけど
お返しはいらないので貰ってくださいと言うと
二度と持ってこないでください!と念おされたそうな...


他の家ではある日、町内会のBBQに参加してそのご家族に
貰ってもらえますか?と聞いたら...いいですよ、持ってきて!
そう言われたので持っていったら奥さんもそういってたのに
嫌な顔された...と。
(BBQでビールが入ってる時に適当に言われたのを真に受けた?)



話を聞いてると、貰い物が多い家で捨てると勿体ないしという
その気持ちだけなんだそうですが、結局、良かれと思ったことで
相手の反感をかい、ある時は、ほかの家の雑草むしりまで良かれと思い
やったことが、叱られ...とにかくどこにでも突撃して
反感を背負ってくるタイプのようです。
俗に言う損なタイプ?なのでしょうか。


物がなかった時代とは変わり、物が溢れてる時代です。
昔なら、食べ物を頂けるなんて有り難い時代もあったと思います。


Sさんの場合、
貰っても捨てるのが嫌だからとおすそ分けにいっても
嫌がられ、せっかく貰ってくれても食べきれなきゃ相手も捨てる。
また、健康に気を付けてる家もあってパンばかり一杯もらっても
糖質など内臓疾患によっては食べられない家もあります。
それに何故、そんなに貰い物が多いのか周りは不思議に思います。
事情があるようですが、言えないそうです。
かくいう私もお返しはいらないからと言われ
何度ももらって、やはりお返しを1度はしました。
出所の理由がはっきりしない食べ物は、やはり気になります。
食べ物に罪はなく食べ物には感謝です。
ただ、理由がわからない食べ物にはその念(気)もついてきます。
私も今回で2回ほどSさんの気にやられてるので只今思案中です。
さて、どうしたらいいものやら。


では、また。