気がつけば年金生活

気ままな家族を背負い日々金策奮闘中。
気が付けば年金生活突入。
未来はどうなるのか...
家族ストレスの中、頑張ってます。

30年の過去を帳消しにしたい思い

「前に住んでた家の事」


新居にうつり過去30年嫌なことも処分!と思ってきました。


前いた町内はとことん私には合わないし
家も見合い結婚のときに既にあった家です。
親が持ってきた見合い結婚で夫と結婚しました。
なので自分の意志のものではなく年寄り向けの使い勝手悪い家でした。
37年前はで田畑しかない不便な地域で閉鎖的な場所でした。
また家も北東の角地でその角に車庫があって、何度も
泥棒みたいな輩や変な曲者が夜に入ったりしました。
向かいは美容院になり、車の出入りでうるさくて商売気のない
人間が高飛車にやってました。
他にもいろいろあって環境的には八方最悪な環境でした....
さらに、その家を建てた大工は夜逃げ、塀を作った左官屋も倒産。
家自体も騙されて大工にとられるところだったらしい。
境界のブロックは夜中に盗まれたらしい...と隣の奥さんが
何年たっても私に愚痴る。折半で境界ブロックしたいといったのは
そっちの(姑)だからと。隣も高飛車で嫌いでした。
ますます結婚したこと自体が嫌になりました。


いつか、この家を出る、出たい....
それが私の夢にもなりました。こんなところで人生終えてなるものかと。
しかし現実は甘くなく、薄給の生活は大変で30年間の
ほとんどがローン。
私も働きましたが追いつきません...


続く....