気がつけば年金生活

気ままな家族を背負い日々金策奮闘中。
気が付けば年金生活突入。
未来はどうなるのか...
家族ストレスの中、頑張ってます。

姑宅にて、便座と蓋の間にももひきが...

今日は積雪になりました。
お正月、3日間姑の食事と薬の世話で疲れました。
つくづくデイサービスがあって良かったと思う私。
昼と夜の配食はお正月3日間以外は持ってきてもらってる。
そして朝はデイサービスに行かない日は様子伺いに
来てもらっている。
デイサービスは週3回です。
毎月6万5千円ほど払ってますが別居してる方としては助かります。
我が家は次男坊ですが長男より姑宅が近いからと
義姉から姑の通帳を渡されました。



今さらながらに通帳渡されることがいかに大変なことか
思い知らされてる感が否めない。
今日から姑はデイサービスに行きました。
その間、夫と家の周りの雪除けをして家の中をチエック。
2日目の夜、食事の残りを冷蔵庫でなく
戸棚に入れてあるのを3日に行ったとき発見。
寒いからと30度以上にしてエアコンをつけていました。
キッチンも茶の間も30度です。
キッチンの戸をあけたら空気が熱い、臭い!腐敗してるような臭い。
特に変なものはなかったのですが、戸棚でみつけたものは全部処分。



それがあったので今日は、また昨日の夜の食事の残りを
戸棚にいれたのでは?と思いいろいろ調べました。
そしたら茶の間のテーブルの上は昨晩の食べ物で散乱
私たちが帰ったあと誰かがきたのでしょう。
向かいの家が姑の実家で親戚もよくきます。
麹で漬けた大根ずしのタッパから強烈な悪臭
まるで居酒屋で食べたあとのような汚いテーブル
私が誰が来てもいいようにお菓子をカゴに盛り誰かがきたら
一緒に食べてねと言ったけど....
たまたま年賀状を片づけようとサイドボードの引き出しを開けたら
その引き出しにお菓子が幾つも詰めてある(-_-メ)
隣の引き出しには饅頭が幾つも.....
何をどう考えたのか?思ったのか?引き出しはお菓子入れになってた。



そして寝室のゴミ箱には食べ過ぎて吐いた嘔吐物がそのまま
トイレの紙パンツ入れるゴミ箱には使用済みパンツが満杯でビックリ。
床にもオムツが、流しの棚には尿漏れパットが開いて置いてある。
便座にはももひきを蓋ではさんで、まるで
便器がももひきを食べてるような光景(-_-メ)
便器からはももひきの足の部分が2つだらりとぶらさがっていた。
ええ、もう見慣れてる、ええ、もう何度も掃除してる...
3年の歳月は多少のことでは驚かなくなってる。
化粧品、誰かからもらった高いクリームが便器下の床に幾つも転がってる。
中には貧乏な私が買えないコラリッチが転がっていた...



そして私や夫が正月の間、毎日食事させてたことは
全て記憶にない...行くたびに覚えていないと言う。
お寿司食べたことも、手作りのお節をお腹一杯食べたことも
遠い、遠い昔のことは覚えていても昨日のことがわからない。
そう、姑は認知症なんだから!と自分に言い聞かして3年
今年は4年目です。



高額な夫の癌治療のお金をくれたのは姑...
そのお金があったから夫は助かったと言っても過言ではない。
だから、いろんなことがあっても私はお世話はしようと思う。


ただね、孫にも手がかかり姑にも手がかかる。
年齢は違えど、言ってきかすことは同じ。


介護職についてる方々には頭がさがる思いで一杯です。
そう思うと、私のお世話なんてちっぽけなものかもしれない。